消費者金融のランキングサイトなどは全てを信用してはいけない

消費者金融を利用する時には、絶対に比較をして選ぶようにすることが言いとしています。なぜ比較することが必要としているのかというと、消費者金融でもいろんなシステムがあってそれによって便利になってみたりそしてちょっと不便となってみたりします。さらにその会社によってはちょっと金利が高く設定されてしまっているという場合もありますので、いろんな観点で比較をして選ぶようにすることが必要としています。

選ぶ際にとても簡単に情報を手に入れられるようになっているのが消費者金融 ランキング サイトです。ランキングサイトではどのようなシステムになっているのか、そしてどのぐらいの金利になっているのかをしっかりと紹介をしていて、本当に参考になってくれるサイトです。ただそのサイトをすべて信用して選ぶようにするのではなくて、あくまで参考程度にして、そして実際に公式サイトをよく見るようにしてから決めるようにしてください。

紹介をしてくれているサイトでも全ての情報があっているのかというとそうではありません。ちょっと間違ってしまっている情報になる場合ももちろんありますので、ランキングサイトそして紹介をしてくれているサイトは参考にして、それから実際に公式サイトを見てみるようにしてください。さらにランキング上位になっていたとしてもそれが自分に合っている消費者金融なのかどうかとなるとこれもまた違いますので、その点も理解しておくようにしてください。

 

 

消費者金融のランキングは便利ですが、必ずしも自分のニーズに合っているとは限りません。ネットの情報だけでは分からないこともあったので、実際に自分で調べてみました。

 

カードローン

カードローンは、その名の通り借入用のカードが基本的にはあります。キャッシュカードのようにATMなどで、お金を必要な時に引き出して借入ができるということになります。なので、契約しただけでは、借入は0円です。引き出しを行って初めて借入が成立するというのもポイントですね。

一度返し終わった後もそのカードさえあれば、再び面倒な手続きなしで借入が出来るのも魅力となります(ただし、長期にわたり借入がない場合の例外はあります。)。その利便性から、少々金利が高めかつ、最大借入金額は少ないということもカードローンの特徴となりますね。少額向けのローンシステムと言えるでしょう。

最近では、キャッシングという言葉と同等との意味で捉えられることが多いです。特に大手の消費者金融は、専用のATMカードを発行していますので、カードローンと同じような感覚での利用ができるようなっております。簡単に、借「入用の媒体としてカードが存在するもの=カードローン」この認識で問題はありません。

カードローンで借りれる金額

千差万別、多種多様ということで、もちろん会社ごとによって様々です。ただ、初めての申し込みということであれば基本的には30万円以内と考えていただければと思います。会社によってはもう少し高めの金額を提示される可能性はありますが、大手のカードローンは30万円以内とご認識ください。

カードローンは先述の通り、少額向けのローンシステムとなっておりますので、多額のローンに対しての適用はほぼ不可能と考えてください。もしどうしてもカードローンで多額の金額をと考えるのであれば、1度少額での契約を行い、借入と返済を繰り返すことにより、信用を上げてください。それによって増枠といった可能性は生じて来ます。

また、これとは例外として、法律として無担保借入は年収の3分の1以下という決まりがあります。ですので、複数の会社から少額の契約を行い実質多額のローンという考えも無理があるということです。カードローンとして、一般的によく聞く高めの借入可能金額としては50万円ほどが妥当かと思われます。それ以上の金額ということであれば、その他のフリーローンでの検討をいただく方が無難かも知れませんね。金利的にも返済スパンとしても何かと優遇される点は多いです。

カードローンの種類

銀行系カードローン

銀行カードローンなどよく聞くと思います。その名の通り銀行が行うカードローンサービスです。口座直結のカードローンですので、かさばらず、また返済や借入が非常に簡単です。特徴として、少しだけ金利が安いです。

消費者金融系カードローン

アコムやプロミスなどの会社が該当します。専用カードを用いての借入と返済を行います。会社規模によって、金利などは様々です。だいたい一緒なので、大きな差はありません。キャッシングという名目で、実質カードローン同じシステムで運用を行っております。

特徴として、返済に制限が設けられてる場合があり、専用機械の利用を促される可能性があります。最近ではコンビニATMなどでも借入返済両方できる会社が増えましたが、中小クラスの消費者金融ではまだまだ拡充されていないポイントでもあります

クレジットカード系カードローン

これもキャッシングとして、申し込みなどは行います。クレジットカードの枠の中から、現金を直接引き出せる枠が別で設定されているという状態です。よくあるのが、カード枠50万円のキャッシング枠30万円というパターンです。

多少複雑に見えるのが、

  • クレジットカード=担保有り
  • キャッシング枠=担保無し

という混在するパターンになることです。また、返済に対してあんまり融通が効かないのもポイントです。
返済は原則引き落とし(あくまで、クレジットカードのサービスなので)ですので、安易に使えるからと言って返済間に合わないというトラブルが実際多いのも事実です。

まとめ

カードローンという概要はなんとなく伝わったかと思います。とにかく大事なのが、少額向けであるということと、担保無しのローンシステムであるということです。担保の有無に関しては、万一複数社で借入れ行う時やクレジットカードの申し込み時などには必ず聞かれることになります。この申告間違ってしまうと通るものも通らなくなってしまう場合もありえます。いわゆる虚偽申告扱いになってしまうんですよね。

このローンやクレジットの世界は信用を元に全ての流れが成り立っています。契約の際は信用見込みとして客観的な情報を元に申込みの可否を決めざるを得ません。こうなってくると正しい申告が非常に大事であるということがなんとなくでも伝わればとおもいます。信用の測り方ってすっごく難しいものです。いずれ審査についての内容もご案内できればと思います。今回はあくまで、カードローンの概要としての内容ですので詳しいことは一旦避けます。

また、少額向けのローンシステムということも絶対忘れないでください。カードローンは原則として法律ギリギリの金利で運用がなされております。従って借入金額が大きければ大きいほど金利による返済額の負担は増えてしまいます。これによって、返済してと金利で手一杯といった最悪の状態を招いてしまう可能性は大いに考えられます。

多少多めの金額というとこであれば、カードローン以外の選択肢も視野に入れた方が、後々が絶対楽です。例を出してしまえば、仮にカードローンで300万円借りれたとします。カードローンのシステムであれば金利は15%や20%と言った世界になります。これを所謂フリーローン類で借りた場合は金利が10%未満ということも珍しくありません。

同じ300万延を返すのに5%の負担がカードローンの場合は多くなってしまうのです。300万円の5%といえば、15万円ですので馬鹿にならない金額かとも思います。ですので、今月ピンチ!とか冠婚葬祭で急な出費が!とかそういったピンチヒッター的な役割としてカードローンは元々運用がスタートしております。

故に、申し込みから契約そして借入までのスパンが非常に短いです。要は時間がかからず借入できる方法となります。そこを勘違いして預金感覚で使ってしまい、借金地獄なんてことも最近では珍しい話ではありませんよね?

薬の説明ではありませんが、ご利用は計画的に!用法用量を守ってというのは、カードローンに限らずお金に関しては必ず必要な管理能力となりますので、ご利用される際は必ず利用目的を明確にして行うのが一番ですね!

消費者金融と審査基準

貯金

 

消費者金融業者は会社員や自営業者、兼業主婦などに対して有利子のキャッシングサービスを展開しており、日常生活の中で発生する金銭的な悩みにすぐに対応することができるものとして、多くの日本人の間から支持されています。消費者金融のキャッシングサービスの審査は比較的甘いといわれていますが、審査に通過するためには最低限定職を持っていることが重要であり、他の業者からの借入額が多くないということが求められています。

インターネット上では審査の甘い消費者金融業者に関する口コミサイトが登場するようになっていますが、原則として安定した収入のある人であれば消費者金融 審査に通過することができます。キャッシングサービスはここ数年でとても便利なものとなっており、これまで一度も消費者金融業者を利用したことのない人を対象として無利息キャッシングをすすめる業者が増加しています。

無利息キャッシングを有効に活用することによって、それぞれの業者のサービスを自分で利用することができるようになるために、複数の業者の特徴を見極めることができます。そのため、初回の利用者を常連にしたいという業者にとっては無利息キャッシングは有効な手段であるとされています。そのほか、最近では男性客はもちろん、女性客の増加が目立つようになっています。現在の業界の体質から女性客にはあまり適していないことが問題視されていることから、レディースローンやレディースコールなどの制度が創設されています。

プロミスは利用しやすい?

個人向け金融サービスを、出来れば利用したいと考えているものの、システムがかなり複雑そうなので躊躇っているという人も、少なくないと思います。そのような人には、「Promise」を利用してみることを強くオススメしますが、とりあえずまずは申し込み手続き関連を、一体どうしたら良いか電話で簡単に問い合わせすることが可能です。

そしてその電話はフリーコールですので、お金のことを気にせずじっくりといろいろと聞けますし、また対応してくれるスタッフの人の知識もしっかりとしていて、信頼感を感じることが出来ます。話を聞いて一通りシステムがわかり、実際に申し込みをしたいと思ったら、わざわざ窓口に足を運ばずに自宅のパソコンを使って、インターネットで手続きを行うことも可能ですので、仕事が忙しい人などにはとても便利であります。

もしもその方法で契約を行ったら、そのまま指定した銀行の口座にその日のうちに振り込んでもらうことが出来ますし、自分自身で引き出したいという場合にも、店舗やATMが様々なところにありますので、すぐにお金を手にすることが可能です。是非とも実際にプロミスを利用して、その使いやすさを実感してもらいたいです。

転職サイトはレバレジーズテック

少し前までは、職をかえることについてあまり良い印象がなかったのではないでしょうか。しかし最近では、さまざまな理由で職をかえる人が増えています。それに、海外では珍しいことではありません。厳しい時代を切り抜いて行くためにも、一つの手段と言えるでしょう。今では、転職を支援するサービスも数多く、雑誌やインターネットで調べることができます。また、女性のための情報や、職種によっての情報もあり、さまざまなニーズに合った情報誌やサイトがあるので利用するのも良いと思います。

転職の雌雄としては、景気動向や社会情勢であったり、個人的な理由としては職場環境や雇用条件、希望のスキルやキャリア形態ができないことなどさまざまな理由があるでしょう。これをきっかけに、長く付き合える職をみつけられたら幸せです。また、最近ではインターネットの普及に伴い、インターネットサイトを用いた職探しが主流になりつつあります。複数のインターネットサイトがあるので、口コミなどを参考に自分に合ったものを探すことをおすすめします。

そんなたくさんのサイトの中で一つご紹介します、「レバレジーズテック」です。技術的に専門職のサイトで、IT・WEB業界の専門で、IT・WEB系のエンジニアやデザイナーの方向けの斡旋サイトです。「レバレジーズテック」は豊富な求人数を誇り、求人ごとの現場情報をしっかり把握している企業で、通常のIT系転職エージェントとは少し異端児的で実際現場で働くPMやエンジニアから独自の情報で仕入れるので、他のエージェントでは持っていない裏情報を得られるのが特徴です。